トップページ >  発毛成分の女性用発毛剤 >  ミノキシジル配合の女性用発毛剤

ミノキシジル配合の女性用発毛剤

リアップで有名になったミノキシジル(minoxidil)は、発毛剤の成分としてはもっとも有名です。

1960年代にアメリカで血管拡張剤として開発された成分で、かつては血圧降下剤として高血圧患者に処方されていた経口薬でした。 発毛効果の研究が盛んになったのはそれから20年後。 本格的な発毛成分としての研究が始まり、およそ20年後の1980年代、アメリカ製薬会社 によってミノキシジル2%配合の発毛剤「ロゲイン」が販売されました。

ミノキシジルは、血管を拡張し、一時的に血流を増加させる効果があります。 毛髪の根っこにあたる毛根の中心部の毛乳頭に必要な酸素や栄養素を増やしてくれるのがミノキシジルです。

日本ではリアップ、海外ではロゲインが有名で、濃度も1%の低濃度から、16%の高濃度の発毛剤まであります。 ただ、このミノキシジルは、副作用も同時に多く報告されているが難点です。 頭皮のかゆみやだだれの報告は数多くあり、高濃度の発毛剤になればなるほどリスクは覚悟しなければならないレベルです。

女性の場合は、皮膚が男性よりも薄いので、頭皮のかぶれはなおさらリスクが高まります。 これだけならまだいいのですが、眠気、倦怠感、頭痛、体重増加、むくみなどの内的な症状も出る可能性があります。 心臓がチクチクしたり、呼吸が荒くなるという例も報告されており、副作用に関してはコントロールされていない一面もあります。 女性の場合は、ミノキシジル製品は避けたほうがよいといえるでしょう。

最近では、ミノキシジルより安全で、ミノキシジル同等の効果をもたらす成分が研究されています。 ミノキシジル近似成分といわれる「ピディオキシジル」や、ミノキシジル同等の効果の「M-034」が有名です。 特に「M-034」は、副作用がなく、ミノキシジル同等の効果があるので、現在最も注目されている成分の一つです。



ミノキシジル配合の女性用発毛剤の実力を徹底比較!

比較 大正製薬 大正製薬 ファイザー

リアップレディ

リアップジェンヌ

女性用ロゲイン2%
金額

5,775円(60ml)
送料無料
5,500円(60ml)
送料無料
3000円位(60ml)
送料無料
説明 大正製薬のリアップシリーズの女性版の最初の発毛剤。ミノキシジルが1%だけ。現在は後発商品のリアップジェンヌがほとんど。 大正製薬のリアップシリーズの女性版でリアップレディに3つの育毛成分を追加したもの。成分は男性用と全く同じだが価格が1500円も高い。 ファイザーのロゲインシリーズの女性用。女性用ではめずらしい2%で、女性用では濃度が高め。
ミノキシジル濃度 1% 1% 2%
配合成分 ミノキシジルのみ ミノキシジル、パントテニールエチルエーテル、トコフェロール酢酸エステル、メントール ミノキシジルのみ
利用者数

多い

多い

少ない
評価
うーん・・・

うーん・・・

まあまあ
公式サイト

女性用発毛剤を「配合成分」で選ぶ