トップページ > 発毛剤と育毛剤の違い > 発毛剤と育毛剤の違い

発毛剤と育毛剤の違い


髪の毛のケアーができる商品には発毛剤や育毛剤といった様々な名前が違った商品があるのですが、あなたはこの違いが分かっていますか?

発毛剤は医薬品の分野に分類されています。 医薬品ですから、各種の髪の毛に効果があると言われている商品の中でも最も発毛効果が高い働きをしてくれます。 薬にしか使うことができない薬用の成分が配合されているからです。

一方、育毛剤とはどんな商品になっているのでしょうか? 育毛剤とは、「医薬部外品」という分野に属しています。 医薬部外品はちょうど薬と化粧品の境目にある商品です。 単なる化粧品に比べてみたら、高い育毛効果があるのですが、薬の成分ほどの強い成分は使うことができない取り決めになっています。

厚生労働省の医薬品関係の所轄の部署のお墨付きがないと、医薬品や医薬部外品を名乗ることはできません。 1番効果が高いケアーの商品を使いたい場合には、育毛剤ではなくて厚生労働省も認可した医薬品の発毛剤を使うことをおすすめします。 医薬品は臨床試験での確実なデーターがそろわないと、認可されない厳しいものなのです。